伊豆高原の豊かな自然を正確に描く植物画の世界

高橋京子花の絵美術館たかはしみやこはなのえびじゅつかん

高橋京子花の絵美術館

植物図鑑に掲載される標本画ボタニカルアートの世界

ボタニカルアートは、とても緻密且つ正確に描かれた植物画です。古代ギリシャが発祥とされ、薬草を見分ける為に描かれたのが植物画の始まりと言われています。絵の世界でも、画家の思い描く世界を表現するものとは違い、対象とする植物の特性をとらえてそのままを描くことが重要とされています。この美術館では、作家の身近にある植物を対象とした作品を中心に展示しており、草花の素朴な美しさをご覧いただけます。カメラでは絶対に表現出来ないボタニカルアートの素晴らしさに、ぜひ触れてみて下さい。

  • ソライロアサガオ「ソライロアサガオ」花の青と葉の緑が美しく涼しげな印象を感じます。
  • アマリリス「アマリリス」情熱的な赤のグラデーションが美しい作品。花の色は白・赤・薄紅など様々。

高橋京子

作家さんを紹介!高橋京子 先生

春を彩るレンゲの花や野辺に咲くスミレなど季節感ある旬の植物を中心に、花から伝わる生命力と美しさをボタニカルアートで表現しています。また、ボタニカルアートを多くの方々に簡単に、楽しく描いてもらえる様に、描き方の本を執筆するなど普及活動にも力を入れている。

  • トケイソウパッションフルーツで知られるトケイソウ。花の姿を時計盤に見立て「トケイソウ」呼ばれる
  • パイナップル「パイナップル」力強く伸びる果実の生き生きした様子を表現した作品。

ボタニカル作品高橋先生が描いた新しいボタニカル作品。植物の姿を繊細に表現しつつ、作家の芸術性を持ち込んだ挑戦的な作品です。

ボタニカルアートを体験してみよう!

ボタニカル体験

誰でも簡単にボタニカルアートを描ける体験が出来ます。先生にコツを教わりながら出来るので、絵が苦手な方でも大丈夫。今回は唐辛子のボタニカルアートに挑戦。2人はうまく出来たかな?

  • ボタニカル体験まずは輪郭を丁寧になぞっていき、色を合わせながら着色していこう。
  • ボタニカル体験濃淡の出し方はティッシュを使ったやり方を教えてくれます。

ボタニカル体験今回は唐辛子を描いてみた。先生がコツを教えてくれるから上手に描けたよ!

花の絵図鑑やグッズを持ち帰ろう

  • ボタニカルグッズ
  • ボタニカルグッズ
  • ボタニカルグッズ
  • ボタニカルグッズ

見ているだけで、心が落ち着き癒される花の絵美術館オリジナルグッズがたくさん。ボタニカルアートに興味を持った人は描き方の本もチェック!

INFORMATION

施設名

高橋京子花の絵美術館

電話

0557-33-6150

マップ

大室山エリア

住所

〒413-0235 静岡県伊東市大室高原5-234

営業時間

10:00〜17:00

休館日

水・木曜日(正月、GW、盆休みを除く)

料金

大人(高校生以上)600円 小中学生400円 未就学児 無料